めいたん2用

r:この情報は国民番号管理所に名前のあるPLと、レンジャー連邦逗留ACE、
  個人ACEにしか公開されない


【手紙部分】

/*/

カールへ

国の摂政である城さんより、あなたへ渡して下さいと頼まれた資料になります。
MEIDEA2は、ヴィクトリー君が乗っていた機体ですよね、
動力部分で城さんが悩んでいたのですが、カールは何を使っていたか知ってますか?
目を通して、何か改良点や、追加して欲しいものがありましたら、教えて下さい。

休戦交渉が決裂し、こちらに艦隊が向かっているのを知っていると思いますが、
それに間に合わせる為に、完成を急いでいる機体になります。
パイロットとしてカールに乗ってもらうので、あなたの意見があると、
とても助かります。ですから、どうぞよろしくおねがいしますね。

なお、部隊マークを尾翼に入るのですが、希望のマークがあったらペイントしますので
教えて欲しい、と整備士の人が話していましたので、こちらも教えて下さいね。

むつき

/*/

【添付資料】

●コードネーム:MEIDEA2 『ラスターチカ』
●全長-全高:40m超-7m超
●最大-最小全幅:26m-7m
●重量:秘密(開発者談:『姫』の機密事項ですから)

【コクピット形式】
・脱出ポット兼用で密封収納、上部前方配置
・RBスタイル:タイヤキ型で挟み込むタイプ
(耐Gの為に、下半身加圧による圧迫が必要)

【武装】
・レーザー機銃:4門、機首、翼部に配置
・レーザー水爆:4本、翼部に配置

【動力】
・レーザー起動式小型核融合エンジン×2(仮)

【レーダー】
・トポロジーレーダー2

/*/

FAZE0.基本設計
宇宙に脅威を抱えるニューワールド。危急の状況に際して生み出されることとなったMEIDEA2の要求性能は、まず第一に単独での大気圏離脱という『速度』であった。レンジャー連邦の軍部が運用を想定して出した答えは、その速度を特徴とも呼べる領域にまで昇華すること。本来は生身の人間を乗せるために実現してはならない機動力を、レンジャー連邦のアイドレスが可能としているためだ。すなわち、ホープ、舞踏子といったマシンボディを持ったパイロットや、並外れて航空戦に特化されたスターファイターの存在が、である。かくして技術部の挑戦が始まる。

FAZE1.レーザー技術の開発
公的資料に残されたMEIDEA2の武装。それは「レーザー水爆」という、宇宙空間戦に強く向いた大威力の兵器であった。軍都たるレンジャー連邦東部では、単独で宇宙速度を得る莫大な出力とこの武装を同時に実現するために、まずはレーザー技術を集中的に開発。『海の水晶』と呼ばれる、近海海底でしか取れない特殊な鉱物を励起に使用することで性能は飛躍的に上昇、主兵装の一つであるレーザー機銃の開発をステップとして核融合技術を獲得するに至る。これを用いたミサイルとエンジン、それぞれ異なる部門に分かれての実用化過程は、各部門の意地からほぼ同時に突破された。

FAZE2.レーダー技術の開発
ハッカーを始めとする情報処理部門もまた、技術部が挑戦している間、何もしていなかったわけではない。機動、速度、相対位置。これらの三つを可視化したものがトポロジーレーダーであり、舞踏子とホープを抱え、ドランジやポイポイダー、ヤガミらの滞在しているレンジャー連邦は、この絢爛世界の技術に極めて良く慣れ親しんでいた。流星号に採用されていたトポロジーレーダー2を、ターン1~10までの戦闘経験を元に改良、特にデザインや操作系のマイナーチェンジも施すことで、このレーダー形式に馴染みがないスターファイター系にも親和性を持たせることに成功する。シンプルにして強靭、大気圏突入を繰り返す機体に実装する装備として求められるこの条件こそトポロジーレーダーの何よりの強みであると知っていたからこその、採用であった。

FAZE3.フォルム決定および素材の開発
シミュレーターの中で何度も演算を繰り返し導き出されたこのフォルムこそが、MEIDEA2のデザインであった。優美にして、従えたる巨大な翼によって構造的強度を支えられてもいる、滑らかな曲線で構成された空気抵抗の少ない姿態。カラーリングには、あえて迷彩効果は持たされていない。隠密性の不要な邀撃機だからだ。デザイナーの純粋なる意思によって、レンジャー連邦を象徴するに相応しく塗り分けられた機体は、まさに空の貴婦人、天空・宇宙の姫君である。

FAZE4.コードネーム
MEIDEAの由来ともなった『いとかしこき姫君』こと椿姫と、この機体が目指すようにかつて華麗に機動戦をこなしたという戦闘機・飛燕、双方の名にあやかり、当初は燕姫(つばめひめ)と呼ばれていた。しかし、語呂の悪さと一部設計者の趣味により、ロシア語で燕という名詞の女性形である『ラスターチカ』が採用された。

FAZE5.運用想定
すれ違いざまに叩き切る機銃掃射orミサイルによる遠距離攻撃の2択。攻撃的に強襲して使うことを前提としている。

/*/

【添付資料2】(#一応こちらも入れておきます)

画像

イメージサンプル

画像

図面

画像

カラーリングサンプル

"めいたん2用" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント