パイロットの指輪 サイドストーリー

指輪物語


「一応それも教えて下さい」
 店主はおやと思いました。
 二人の若い男女は新婚さんらしく、二人は寄り添って指輪を見て回っていました。
 店主はしまおうと思っていた指輪を男女に見せました。
「これは旅人が戻るためにつかうものです。帰還のお守りですよ。新婚さんには使い道が……」
 それを聞くと奥さんが嬉しそうに旦那さんをこづきました。
「カールが私をおいてか無ければ使わないものだけどね」
『カール』と呼ばれた旦那さんは苦笑しながらも同意しました。
「まあ、パイロットが戻ってくるにはいい指輪かもしれないな」
「私達、パイロットだもんね、いいかもしれない」
 二人は嬉しそうに、大事な指輪を「これ」に決めたようです。
 店主はおやと思いました。
 指輪と言う物は持ち主を選ぶのかと。
 パイロットの男女は嬉しそうに「ではそれをくれないか。二つ」と指輪を取りました。
 店主は「はあ」と言いつつ、指輪にまつわる話を思い出していました。


/*/


「いつかこの空を飛ぶんだ」
 一人の青年がいました。
 空を知っているのは魔法使いだけでした。
青年は魔法使いじゃなくても空を飛べる事を証明するため、空飛ぶ事を夢見て日々プロペラをいじる生活をしていました。
「頑張ってね」
 青年には恋人がいました。青年がプロペラをいじるのを手伝っている人でした。
 青年は恋人に誓いました。
「空を飛べるようになったら、必ず月の石を持ってくるから」
 青年は空を飛ぶ事を夢見て、今日もプロペラをいじっていました。
 恋人はそんな彼が大好きだったので、それを微笑んでみていました。


 産業革命が起こっていたのはこの頃でした。
 世界は活気に溢れていました。新しいエネルギー、新しい機械、新しい世界。
 魔法使いが魔法を使うように、人はいろんな事ができるようになっていきました。
 さて、恋人は魔法使いでした。
 恋人は青年が空を飛べるよう願いを込めて、お守りを作る事にしました。
 鍋をくべ、呪文を唱えてお守りを作りました。
 それはちょうど手の中に入る位の石でした。
「明日、いよいよ飛行実験をするんだ」
 青年が言うのを、恋人はにこにこしながら聞いていました。
「お守り。貴方が無事空に飛べますように」
 恋人は作ったお守りを渡しました。
 お守りはころんとした形のすべすべした手触りの石でした。
 青年は笑って石を手に取りました。
 青年は石をポケットにしまい、飛行実験に挑む事となりました。


 空高く、晴天。
 その日は風もなくいい天気でした。
 青年は『飛行機』と名付けた機械に乗り込んでいました。
 たくさんの観客に見守られ、『飛行機』にはエンジンがかけられました。
 飛行機は音を立てて浮かび上がりました。
 人々は歓声をあげました。
 恋人は涙ぐんで空を見つめていました。
 青年は空を飛んでいました。
 いつか恋人が箒に乗せて飛んでくれたように、高く高く。
 青年の胸ポケットには恋人からのお守りがありました。
 帰ってきたら式を挙げよう。青年はそう思いながら、どこまでもどこまでも高く飛んでいきました。


/*/


「いいですよ、これから新生活で何かと入用でしょう? 100マイルなんてもらえません。20マイルでいいですよ」
「本当にそれでいいのか?」
「構いませんよ。どうせこの指輪はアンティークです。もらってくれるならサービスしますよ」
 店主は嬉しそうに指輪をはめて歩いていく二人の背中に、不思議な縁を感じていました。
 かつて空を夢見た夫婦がはめていたものを、空を飛ぶ夫婦がはめる不思議。
 巡り会わせと言う物はあるものだねえ。
 店主は煙草をくゆらせて、次の客を待つ事に決めました。

画像


/*/


提供:多岐川佑華@FEG 様


【パイロットの指輪ページ】へ戻る
http://82789969.at.webry.info/200806/article_5.html

"パイロットの指輪 サイドストーリー" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント